毎日の生活で欠かせない調理におけるガスの節約術

食費の節約術の第一歩はスーパーマーケットデビュー 生活する上で、決して外せないのが調理です。本格的な調理から珈琲を飲む場合でも、お湯を沸かすことは欠かせません。そこでガスの節約術として、火力の調節が大切です。早くお湯を沸かしたいからと、目一杯火力を強くすることは無駄になります。炎がサイドから溢れてしまいますと、単にガスの消費が増えるだけになりがちです。更に夏場の暑い時期ですと、室温の上昇を招きますのでエアコンの負担率が上がり、結果としてガスと電気の両方を無駄にしてしまいます。ガスの火力は鍋やヤカンのサイドから溢れないように、きちんと調節しましょう。特に料金が都市ガスよりも高めなプロパンガスを使用の場合は、節約術として必須事項と言えるでしょう。

もう一つ大切なことは、鍋やヤカンなど調理器具の底面の濡れをコンロに置く前にきちんと拭っておく、ということです。ついつい面倒で省力してしまいますが、これもガスの節約術の基本ですので、実践しておきましょう。そして更に踏み込んだものとして、調理に使う鍋やフライパンなどは、熱の伝導率の高い調理器具を使いましょう。そのメリットは、食材への熱の入りが早いことです。調理時間が短縮できますから、ガス代に効果がある節約術となります。

関連サイト