食費の削減は節約術の大事な初歩的行為です

食費の節約術の第一歩はスーパーマーケットデビュー 食費を抑えるということは、節約術の初歩的な行為と言えます。しかし初歩なればこそ、押さえるべき原則でもあります。基本的には無駄な食材は買わないことに集約できるでしょう。とは言えそれが一番の難関でもあります。一たびお店に買い物に入れば、あの手この手で購買意欲をそそる、さも買って、と言わんばかりのお得な商品が並んでいますから、思わず買い、の衝動に駆られることは肯定せざるを得ません。相手はそれが商売のプロですから、我々素人には到底かなわないと言えるでしょう。

その対抗手段として、確固たる計画と強い目的意識が肝心です。買う物を決め、それ以外は超お買い得商品が例えあろうとも、決して買わない強い意志が必要です。勿論食卓を彩りたい場合はそれも良いですが、節約術とした場合はそのお買い得商品を黙視する必要があります。その思わず買いたくなる商品や価格に出会った時は、どうせまた今度売り出す、と考えることが得策です。今しか買えないという焦燥感が、冷静な判断力を奪ってしまいます。食材の買い物は、節約術の基本理念である目的以外の物は決して買わないということを第一と捉え、店内を最短ルートで回り、決して余計なコーナーに立ち寄らず、その買い物が済んだら早々に店内から退去することが何より肝要です。

関連サイト