助成金や保険での節約術

食費の節約術の第一歩はスーパーマーケットデビュー 節約の基本は収入を多くして支出を少なくするということですが、例えば子供がいる場合には出産の時に補助金が出ますし、児童手当の申請でも補助金がもらえます。それらを申請していないと他のことで節約していても、大きな損失を他で出しているようなものなので、できるだけそれらの補助金がもらえる状況が自分たちにあるかないかを確認しておくのが大切です。出産では35万円もらえますし、児童手当では5千円から1万円もらえます。その他毎月出費するものでは生命保険などの保険もあります。保険の見直しは節約術の基本ですが、保険をどのように考えるかで変わってきます。貯蓄としてみるか、あくまで保険としてみるかです。

いつも思うのは、そこが曖昧になっているのではないかということです。例えば完全に掛け捨てとして利用する場合には、ネット生保などで安く保険に入ることができます。しかし相続ということで保険の利用も考えられますので、節約ということばかりでは判断できない場合もあります。しかし掛け金を少なく出来るということは節約術の基本でであることは間違いないと思います。やはりインターネットを利用すると使い方によっては大きな節約になることは間違いないように思います。

関連サイト